自慢の肌を守るために、ケノンに懸ける

私が唯一他の人よりも優れていると思ったこと、それは肌です。昔から「いつも肌がすべすべで赤ちゃんの肌みたい」と周りから好評でした。過去には私の肌に触れたくて群がっている男性だっていました。しかし最近、その秩序が音を立てて崩れようとしています。それは、毛が濃くなったこと。今まではそんなに剃った事もないけれど、何故か濃くなった気がするんですよね。触ればふさふさ・・・。今までのようにはいかなくなってきました。だから私は脱毛をしようと決めたんです。しかし脱毛サロンやクリニックに通う事は、私のプライドが許しません。だからこんな時こそケノンだと思っています。ケノンって何かって?プライドをかけた私が認めているもの、そのケノンをぜひ知って下さい。